「マルシェ梨北」はJA梨北からの直送品を取り扱うオンラインウェブショップです。
山梨県の恵まれた日照時間・豊かな水・肥沃な土壌で生産された安全・安心のお品物を皆様にお届けします。

マルシェ梨北

HOME > お買い物をする > 梨北米 > 梨北米 一括購入&定期お届けコース【月2回×6ヵ月】

梨北米 27年産<新米>
一括購入&定期お届けコース
月2回×6ヵ月間】

「梨北米 一括購入&定期お届けコース」とは?

お米を1種類、お得な料金で一括購入いただき、その後、精米したてのお米を定期的にお届け致します。
本ページでご案内するコースは、お米12袋を、月2回(毎月10日と25日)に分け、6ヵ月間お届けするものです。
10月25日もしくは11月10日お届け分から次年の新米に切り替わります。(収穫時期よって前後する場合があります。)


購入の前に必ずお読みください※ご留意事項※

  • 本コースの商品をご購入いただく時には、「本体価格」に「お届け地域への12回分の送料」が加算されます。
  • ご注文完了時点ではシステム上「送料0円」と表示されますが、後ほどショップからお送りする「注文確定メール」で実際にかかる送料をお知らせ致します。予めご了承ください。
  • はじめに「お米6ヵ月分の本体代金」+「12回分の送料」をいただき、その後は料金を頂きません。
  • お届け先は原則的に変更されませんよう、ご協力をお願い致します。お客様のご都合で変更される場合に生じた送料の差額分は請求または返金をさせていただきますが、その際に発生する振込手数料等はお客様にご負担となります。
  • 玄米の状態でお送りすることも可能です。希望される方は注文時、メッセージ欄に「玄米希望」の旨をご明記ください。


注文後に加算される12回分の送料目安

  • 山梨県内:送料無料
  • 北海道地方:1,100円×12回=13,200円
  • 東北地方:700円×12回=8,400円
  • 関東地方:600円×12回=7,200円
  • 中部地方:600円×12回=7,200円
  • 近畿地方:700円×12回=8,400円
  • 中国地方:1,200円×12回=14,400円
  • 四国地方:1,200円×12回=14,400円
  • 九州地方:1,400円×12回=16,800円
  • 沖縄地方:1,500円×12回=18,000円



※ご購入の前に、必ず「一括購入&定期お届けコース」の説明をお読みください。

▼梨北米コシヒカリ 5kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】


▼梨北米コシヒカリ 10kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】



※ご購入の前に、必ず「一括購入&定期お届けコース」の説明をお読みください。

■特別栽培米「梨北信玄米」とは…
1)JA梨北が定めた品種であること。
2)温湯消毒の実施および、りほく堆肥「土の里」を480kg / 10a施用すること。
3)化学肥料の窒素成分および化学合成農薬の使用量が県が定めた慣行の施肥基準より50%以上削減した体系で栽培した米であること。
4)登録検査機関(JA梨北)で検査が行われた米であること。
5)栽培管理日誌(トレーサビリティー)が、記帳・提出された米であること。

▼梨北信玄米コシヒカリ 5kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】


▼梨北信玄米コシヒカリ 10kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】



※ご購入の前に、必ず「一括購入&定期お届けコース」の説明をお読みください。

北杜市白州町から韮崎市龍岡町までの地域、主に釜無川右岸で作られるコシヒカリです。この地域は、昔から米どころとして有名な地域であり、昼夜の寒暖差が大きく、お米の登熟に適しています。また、南アルプス甲斐駒ケ岳のミネラル豊富な雪解け水に育まれた極上のお米です。ご家庭ではもちろんのこと、贈り物にも喜ばれる逸品です。

▼梨北米武川コシヒカリ 5kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】


▼梨北米武川コシヒカリ 10kg【一括購入&定期お届けコース】【月2回×6ヵ月分】



5年連続「特A」受賞

日本穀物検定協会が実施する“米の食味ランキング”で、平成17年から平成21年まで最高ランクの「特A」に選ばれました。また、平成17・20年産米は全国一の得点を獲得しました。

玄米とう精済み

当サイトで販売している『梨北米』は、すべて玄米とう精(最新選別機により玄米に混入している極小さな異物を取り除く作業)を実施し、消費者の皆様に「安全・安心」をお届けしています。

放射性物質不検出

山梨県が実施する放射性物質検査では、管内から生産された米から放射性物質は検出されませんでした。JA梨北では、放射性物質の自主検査を継続すると共に、残留農薬自主検査・重金属分析検査を実施していきます。<検査詳細>測定方法:ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー測定項目:ヨウ素(I-131)、セシウム(Cs-134、Cs-137)検出下限値:10Bq/kg